クリア通信

クリア通信9月号

 9月に入り、朝夕はかなり涼しくなり、秋の到来を感じる今日こ
の頃です。秋といえば、学校祭・遠足・合唱コンクールと行事が目
白押しですね。それぞれにしっかり取り組んで、良い思い出を作っ
ていただきたいと思います。また、勉学に関しては中学・高校では
2学期中間・期末テスト・学力ABCテスト・模試と重要なテストも
次々と実施されます。クリアゼミでは、個々に対応した対策を行っ
ていきます。
 
 

●速読甲子園開催中●

 
 全国の速読受講生たちが、日頃のトレーニングの成果を発揮し、
「速く、深く読み、正確に答える」という競技に全国1750教室
2万人が参戦しています。
 クリアゼミ速読生の団体戦・1種目は得点不足でしたが、2種目
は皆さん大変頑張ってくれました。上位に入ることをを期待して、
結果を待っています。北海道・東北ブロックで優勝すると、東京で
の表彰式に塾生の成績上位者5名が招待(旅費は協会負担)されま
す。現在3種目の練習中であり、9月末に受験なので、今後の伸び
に大いに期待しています。
 

そんな中、宮古島へ研修に行ってまいりました。

 
 昨年速読甲子園全国1位、宮古島にある塾【セレブラム】様でシ
ンポジウムが開催されるということで参加させていただきました。
 沖縄は、北海道と共に学力が全国平均に比べ低めの地域です。東
京で予備校を経営されていた新山代表が、3年程前、宮古島の保護
者様から、「宮古島の子は東京の大学に現役で合格することができ
ない。なんとか力を貸して欲しい。」という依頼を受けたそうです。
その頃出会った「速読」が、学力を向上させる武器になるという強
い想いで宮古島に渡った経緯を代表から説明していただきました。
 また島内の子供の学力を上げていくために公教育と連携する必要
を感じ、何度も教育委員会に掛け合い、ついに「速読のための市長
裁量の予算」をつけていただくことになりました。現在島内9校の
公立の小中学校で速読が導入されているそうです。
 塾の存在意義は「生徒の学力を上げていくこと」にあります。そ
のために【できること】【しなければいけないこと】をしっかり見
据えて実行していきたいと思います。